どうせ着用するなら洗練された名札を

21 3月, 2014 (00:00) | ビジネス全般 | By: admin

http://namebadgesinternational.jp/名札といえば、幼稚園や小学校、中学、高校生が胸につけるものというイメージがありますが、近年の不審者騒動からか、名札をつけている小学生は見かけなくなってきました。

確かに、名札をつけていると不審者に名前を知られることになりますから危険です。
校内では名札着用、登下校時には名札を外すようにしている学校もあるようです。

また、学校によっては、児童は名札をつけてないのに、教師や学校スタッフが名札をぶら下げているところもあります。

学校だけじゃなく、逆に働く大人たちがネームホルダーを身につけているシーンをよく見かけるようになりました。
テレビドラマでも、そのような設定のシーンをよく見かけますよね。

そもそも名札をつける意味は、自分が何者であるかを第3者に知らせることにあります。
さらに、名前を覚えて貰う効果もあります。
つまり、名刺を着用していることと同様に考えるといいでしょう。

近年は、名札着用を義務づけている企業も多くあります。
名刺サイズのものやバッジ型の名札などなど、デザインも企業のロゴを入れたり、洗練されたものになっています。

職種によっては、本人の写真を貼付したIDカードタイプのネームホルダーや吊り下げ式では危険な職種では、シンプルなバッジタイプなどが使用されています。
名札といえども機能性を考慮されたタイプが用いられているのです。

詳しいことは▲名札・ネームプレート・ネームバッジ・金属名札・ネームプレート差し替え名札▼が参考になります。

経営者の強い見方「税理士」

8 8月, 2013 (00:00) | ビジネス全般 | By: admin

世界にはこれまで歴史に残る優秀な経営者がたくさんいました。そして、現代にもユニークな発想で人を魅了する経営者が多くいます。それぞれが、強くて大きな夢をもち実現するまでに様々な経験をしてきました。しかし、本人達が共通して言うことは「好きなことをことをしてきただけ」と。時代の最先端を進む上で、信頼できるパートナーがいたからこそ世に名を残せたのです。

会社を影で支える一人が「税理士」。経営者も税については知っていたほうがいいでしょうが、お金に関する法律も複雑で全てをカンペキに理解するのは至難の業です。しかも、手続きも怠ることなくこなすためには、やはりプロの力が必要です。

経営に集中できる環境を整えてくれれるのが、大田区にある「藁税理士事務所のブログ」です。ブログになっているので、ホームページよりは最新の情報を発信し、人柄や考え方などを理解するには十分なないようです。
税理士 大田区
品川区の税理士事務所のブログという大田区の税理士のおすすめウェブサイト

サイトでは、税金についてテーマごとに紹介しています。最新はもちろん、過去の内容も税をとりまく問題などを分かりやすく解説しているので、一度読むだけでもかなり勉強になりますよ。

不景気が続く社会での経営は、ますますシビアになりますが、プロの意見を聞いて乗り越えていきましょう!